コンタクトレンズとメガネは、どちらがいいの?

コンタクトレンズとメガネ、どちらが目に良いのでしょうか?
結論から書くと、どちらがいいとはいえません。見る「角度」を変えると、コンタクトがいいのか、メガネがいいのか変わるのです。
というわけで、ここでは、コンタクトレンズとメガネのどちらがいいのか、具体的にみてきます。

まず「目の安全」という面から考えてみましょう。
すると、メガネがお勧めです。
コンタクトレンズは、眼からすると異物です。その異物を目の表面にかぶせるため、ただでさえ刺激があるのに、それにプラスして、ゴミによる刺激もあります。それに、コンタクトレンズを目の上にかぶせることから、酸素が不足ぎみになり、目が乾燥します。乾燥は、目の表面にキズを作る要因になりえます。さらに、コンタクトレンズに付いた汚れがもとで、アレルギーが生じることもあります。一方、メガネにはそんな心配をしなくてもすみます。

また「見え方」という点からみてみましょう。
すると、コンタクトがいいです。
メガネでは、視界がフレームでさえぎられるので、約120度ぐらいの視野ですが、コンタクトレンズなら、180度の広い視野が広がります。それに、コンタクトと違ってメガネのレンズは目から約12mm離れた所にレンズがあるので、近視用のメガネなら、縮小してものが見えますし、遠視用のメガネなら、虫メガネのように拡大してみえます。コンタクトレンズは、目に乗っているので、メガネのように、物が大きさが変化することは、ないです。そのうえ、メガネの場合、レンズに対して視線が斜めになると、ものが歪んで見えてしまいます。メガネの度数が強いほどこのような大きさの変化や歪みは大きくなるので、度数が強くて歪みや大きさが気になる場合は、コンタクトレンズの方が向いています。コンタクトレンズは、視線とレンズが同時に移動するため、常に自然な見え方になります。

また「経済性」という観点でみてみましょう。 すると、メガネのほうが優れています。
眼鏡は一度買えば、壊したり、視力が変化するまで、ずっと使えますが、寿命がコンタクトレンズにはあるので、買いかえる必要があります。

また、「便利」という面からみてみましょう。
すると、コンタクトレンズがいいと思います。
眼鏡だと、湯気で曇ったりしますが、コンタクトレンズは曇りません。コンタクトレンズは、急に温度差のある所にいったときにも、曇ることはなく便利です。また、運動していてもズレることもありません。つまり、スポーツも思いっきり楽しめるのです。

というわけで、コンタクトレンズとメガネのどちらがいいのかは、見る角度によって違うわけです。自分の用途に応じた方を利用するといいですよ。

コンタクトレンズのネット通販
ネットでは、普通の店舗と違って、処方箋なしでも、コンタクトレンズを購入できるネットショップがあります(もちろん、適法)。しかも、価格も普通の店よりも安い!
コンタクト安!しかも処方箋なしの通販
コンタクトが激安!通販の一覧
コンタクトレンズ 通販
コンタクト 処方箋
コンタクト 通販
コンタクト 販売
安いメガネ

視力回復
ブルーベリー(サプリメント)や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術など、視力回復の手段を紹介。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング