含水率とは?(コンタクトの用語)

コンタクト販売店にいくと、必ずといっていいほど「含水率」という言葉を耳にすると思います。以前、私はこの含水率の意味を知らずに、コンタクトを購入していたのですが、最近、知っておいた方がいいことがわかりました。というわけで、ここでは含水率の意味を紹介します。

含水率とはコンタクトの含んでいる水分の割合のことを意味します。
でも、この含水率が、眼にどのような影響を及ぼすのか!?
含水率が高いと、目に酸素を通しやすいといわれています。当然、目は酸素を求めているので、コンタクトレンズを購入する時に、含水率が高いコンタクト、つまり、酸素透過度が高いコンタクトを薦められることが多いというわけです。
しかし、一概に、コンタクト販売店のいうように、含水率が高いコンタクトを手放しで勧められるわけではありません。
酸素の透過度とは、レンズの薄さやレンズの汚れにも関係してくるので、一概に、含水率が高いコンタクトが酸素透過度が高いという訳でもありません。
また、含水率が高ければ、目が乾きやすいそうです。なぜなら、コンタクトレンズが水分を吸収してしまうからです。だから、ドライアイの人には向かないことがあります。
それだけではありません。「含水率」が高いと、レンズが汚れやすくなります(汚れればすぐに換えられる、使い捨てコンタクトであれば、問題なしですけどね)。
というわけで、コンタクトを買うとき、含水率を知っておくと便利なんです。

コンタクトのネット通販
ネットでは処方箋なしでも、コンタクトを購入できます。リアル店舗よりも安価!処方箋が必要な店も、リアルの店よりも安いことが多いです。
コンタクト安!しかも処方箋なしの通販
コンタクトが激安!通販の一覧
コンタクトレンズ 通販
コンタクト 処方箋
コンタクト 通販
コンタクト 販売
安いメガネ

視力回復の方法
視力回復を目指すには、ブルーベリーのサプリメントを摂取する方法や、レーシック、イントラレーシックなどの視力回復手術を受けるのも手。ちなみに、レーシック、イントラレーシックは有名人もしています。
レーシック
イントラレーシック
ブルーベリーアイ
わかさ生活のブルーベリーアイ
視力回復トレーニング